保険なんて必要になってから考えればいいじゃん?

確かに普通は、必要になってから考えれば良いですよね。

たとえば、バッグや、車、家などは、必要になってから考えます。
いくらだろう?
どんなデザインがあるんだろう?
どこで買えるんだろう?

欲しくなってからゆっくり考えればいいのです。

ところが欲しいと思ったときには間に合わないものがあります。その一つが保険です。

あれ?体調がおかしいな?お腹が痛いな?とか、
血が混じっているな?なんか喉に違和感があるな?とか、
異変を感じたり、気が付いたときに考え始めたのでは間に合わないのです。

必要になってからだと間に合わないのはなぜ?

保険に入るには、加入者の公平性を図るため、自分の現在の健康状態について伝える「告知」が必要になります。

その「告知」の内容によって、保険会社は申込者と保険契約を結ぶかどうかを決めるからです。
体に異変を感じたり、先生に手術や治療を勧められたりしたら、保険の加入を保険会社から断られてしまうことがあるのです。

つまり、保険の必要性が生じる前に、あらかじめ考えておかないといけないのです。

どんなタイミングで考えればいいの?

ニーズを感じる前に考えなきゃいけないって、難しい….ですよね。

「うんうん、時間が出来たらね。」
「あ、でも今は忙しいから、また今度でいいか・・・」

どんどんタイミングを伸ばしてしまえます。

そこでお勧めするのは、保険について考えるタイミングを決めてしまうことです。
タイミングを決めておけば、保険について考えるのを忘れると言うことを防げますし、定期的に行えば、その時点での自分のライフスタイルに合わせて保険の内容をアップデートすることもできます。

ではどんなタイミングがあるのか、いくつか挙げますね。

就職したとき!!

まずお勧めするのは、社会人になって就職をしたときです!
なぜ就職したときなのでしょうか?

2つ理由があります。

☝️若いときはお金がない

就職したばかりのときは、お金がないことがほとんどでしょう。
【お金がないから掛金を払うのもったいない】という人もいるかもしれません。

だけど、お金の余裕がない時にこそ、保険が必要だと言えます。
がん・入院・ケガは、あなたにお金の準備ができているかどうかにかかわらずあなたを襲います。

お金がないときに、急にお金が必要になったら・・・
ひぇー!どうしよう!
となりますね。

そんなことにならないように、今、きちんと考えておくことが大切なんです!!

☝️若いときは保険に入りやすい

保険に入るときは、必ず自分の健康状態について、申告する【告知】があります。
この【告知】には、「現在、定期的に診察を受けているか」とか「健康診断で異常の指摘を受けたことがあるか」といった質問があります。

保険会社はその答えによってリスクの判定をするので、保険に入りたくても保険会社から断られてしまうことも・・・。
若い方は、比較的健康な方が多いので、保険に入りやすい=保険について考えるチャンスと言えるでしょう!

年齢を重ねるごとに、体調に変化が生じる可能性が増し、保険に入りにくくなります。
貴重なタイミングを無駄にしないよう、考えましょう!

家族が増えたとき!!

家族が増えるということはどういう時のことでしょうか?

☝️まずは結婚するとき

結婚することについて「二人は一体となる」という聖書の言葉があります。
そうです。あなたの体は、もはや自分一人のものではありません。
お互いのものなのです!
良くも悪くも影響を与え合うのです。

あなたが病気やケガになると、あなただけの問題ではありません。
パートナーが影響を受けます

一番大きな影響は精神面でのダメージだと思います。
互いに愛し尊敬する相手が万一、病気や事故に遭ったなら心を痛めますよね。
一生懸命看病し、乗り越えられるようにベストを尽くすでしょう。

そんなとき、さらに経済的な負担が加わるとしたらどうでしょうか?
精神的にもっと厳しいものになってしまうでしょう。

保険は経済的な面を支えることで、精神的な負担を軽減する役割があるのです。

☝️特に考えて欲しいのは、お子さんが誕生するとき

生活にかかるお金も増えますし、子どもにかかる教育費も必要になります

こういう大切な時期に、保険で準備していないと、自分に万一があったときに家族みんなが困ってしまいます…
逆に、必要な保険をきちんと準備しておけば、自分に万一のことが起きても子どもの将来への影響を減らすことが出来ます!

あなたの保険の担当が声をかけたとき!!

最後に、考えていただきたいのは、「あなたの保険の担当が声をかけたときです。
あなたの保険の担当は、どんな人ですか?

あなたと、こまめに連絡をとり、あなたのことを気遣ってくれる人ですか?

そういう信頼できる担当の人は、きっとあなたのことを考えてくれています。

そして、あなたがまだ知らない、保険に関する良い情報を持っている可能性があります。

医学は日進月歩。
それに合わせて保険はあなたが気付かないうちに日々良くなっています。

保険の担当は、そのような情報をいち早く入手し、あなたに伝えたいと思っています。

正直、「また保険の話か」とか「保険料あがるのはいやだな・・・」などと感じるかもしれませんね。

でも、考えるタイミングを自分で決めるのは難しいのですから、声をかけてもらったときに素直に応じるのも大切ですよ!
情報を得て、最後に決めるのはあなたですからね!







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)