2020年、フリーランス減税で知っておくべきことは?

2020年は「フリーランス減税」年といわれているそうですよ。
フリーランスや個人事業主の皆さんにとっては、実質的に減税になる可能性があります!
ただし、取り組み方によっては節税効果がなくなることも。
しっかり情報収集して賢く節税しましょう!

フリーランス減税の主な内容

フリーランス減税の主な内容はいかのとおりです:
基礎控除額の改正(改正前38万円→改正後48万円)
青色申告特別控除額の改正(改正前65万円→改正後55万円)

え?これだったら、実質10万円増えて10万円減るのだからどうなの?
たしかにそうですよね・・・

それぞれ、わかりやすく見ていきましょう。

 

基礎控除額の改正

「基礎控除」とは、フリーランスや個人事業主を含めてすべての納税者に適用される所得控除です。
2019年までの基礎控除額は一律で38万円でしたが、2020年以降の控除額は10万円増え、48万円になります。
控除額が増えると所得税は減税になるため、基礎控除額の改正は「フリーランス」にとっては減税といえるでしょう!
嬉しいですね。

ただしこの基礎控除額、2020年度から所得制限が付きました。
合計所得金額が2,400万円を超えると段階的に基礎控除額は少なくなり、2,500万円を超えると基礎控除額自体がゼロになります!

つまり、フリーランスでも高所得者の場合は、税金しっかり払ってねということですね。
覚えておきましょう。

青色申告特別控除額の改正

「青色申告特別控除」とは、確定申告の際に、複式簿記など所定の方法で申告した方が受けられる控除です。
この青色申告特別控除額が改正されます。
まず、青色申告特別控除額は、65万円→55万円に減額
ええ!控除額が減ってしまうの!そうなんです・・・

でも例外があります。電子申告などにすれば、引き続き65万円の控除を受けられます
電子申告とは国税のe-Taxを使って申告するか、あるいは電子帳簿保存方式(対応するもの)を使う必要があります。
つまり、フリーランスで青色申告をしており、かつ既にe-Taxで申告をしている方は、引き続き65万円控除が受けられます

まとめ

フリーランスだけでなく、すべての人が受けられる基礎控除額が38万円から48万円に拡大(やった!)
青色申告特別控除額が65万円から55万円に縮小(ざんねん!)
しかし、青色申告をe-Taxで行えば、引き続き青色申告特別控除額65万円が適用される(やった!)

というわけで、フリーランスの方は、e-Taxで節税しましょうね!

私もe-Tax使ってますが、税務署に行かずに申告できるので便利ですよ!





インスタグラムで保険についてのお役立ち情報をお届けしています。
こちらからフォローお願いします!

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)