三大疾病オプションは本当に必要?加入時の注意点は?

よく、保険の営業の人から「三大疾病」という言葉を聞きませんか?
三大疾病になったら大変!とか、
お金がかかるから大変!と言われたりしますよね?

なんとなくそうかな~と思って、このオプションを付けているかもしれません。
そこで!今回は三大疾病オプションの仕組み落とし穴についてお話ししましょう!

そもそも三大疾病とは?

三大疾病とは、日本人の死因の上位を占める「がん」「急性心筋梗塞」「脳卒中」を総称したものです。
厳密にいうと、TOP3の中に「肺炎」が含まれるようになったので、「上位三位」ではありませんが、これらの病気だけで日本人の死因の半分を占めるのですから、大きな病気であることに変わりはないですね。



気になる入院の期間はどれくらいでしょうか?

傷病分類平均在院日数
悪性新生物(がん)16.1日
心疾患19.3日
脳血管疾患(脳卒中)78.2日
全体29.3日
厚生労働省の患者調査(H29年度)

一番入院期間が長くなるのが、脳卒中を含む、脳血管疾患だということがわかりますね。

脳血管疾患は、治療に長い期間を要する場合や、体に重い障害が残ることもあるために、入院期間が長くなっているようです。

三大疾病オプションの内容は?

オプションの内容は主に次の3つのパターンに分けられます。

三大疾病になったら…

☝️保険料を払い込まなくてよい
ただでさえ、治療費でお金が要る時期に、保険料を払い込まなくて良いというのはありがたいですよね。

☝️入院の日数を無制限まで保障する
保険商品によっては、1回の入院の保障が60日に設定されています。
先ほども考えたように、脳血管疾患の平均入院日数は、78日以上。
60日を超える入院がある場合を考えると、長引く入院を無制限にカバーする保障は安心材料の1つになります。

☝️まとまったお金(一時金)を受け取る
一時金を受け取ることができます。設定できる一時金の大きさは保険会社によって異なりますが、50万から1000万までと様々。
保険会社によっては、2年に1回、あるいは1年に1回、支払い条件に合うなら一時金を受け取れるものもあります。
まとまったお金を受け取れると、治療に使えたり、収入の減少を補填できたりします。

三大疾病のオプションは役に立つの?

三大疾病の保障は、基本的に医療保険のオプションとなっていることが多い(単独の商品も存在します)ので、入院などの基本的な費用は医療保険でカバーできます

したがって、三大疾病のオプションの位置づけとしては、[三大疾病の療養などで仕事が出来ない期間の収入減を補填]したり、[長期入院で医療保険ではカバーされない費用をまかなう]というものになります。

特に現役世代の人で、自分に万一のことがあったときに家族に大きな影響がある人にとっては、確かにありがたいオプションだと言えますよね✨。
でも、いくつか考えておくべき大事な点があるんです!そこを押さえていないと落とし穴にはまっちゃうかも。

最初の落とし穴:所定の状態

最初の落とし穴は、三大疾病の条件です!
三大疾病のオプションに入っていれば、当然三大疾病になったら、すぐに条件に該当!!と思うかもしれませんが、
実はどこの保険会社も必ず「所定の状態に該当した場合」という文言が入っています😱

つまり、「三大疾病になった」、だけではなく、さらに別の条件を満たす必要があるわけです。

一例として以下のような条件があります

☝️がんの場合は、【診断確定】
☝️脳卒中の場合は、【手術または20日以上の入院
☝️急性心筋梗塞は、【手術または20日以上の入院

こう考えると、注意が必要ですね💦

さらに、少し前の保険だと60日ルールといって、
60日以上、労働の制限を必要とする状態が継続
というように、もっとハードルが高いものもあります。

三大疾病の保障といっても条件は様々ですから、いざというときのためにきちんと確認しておいてくださいね。

2つ目の落とし穴:カバーする病気の範囲

2つ目に注意することはカバーする「病気の範囲」

「三大疾病」と簡単に言ってしまいますが、カバーする範囲は実は様々…
たとえば

☝️[急性心筋梗塞だけ] あるいは [心臓の病気全般]をカバーしているもの
☝️[脳卒中だけ] あるいは [脳の病気全般]をカバーしているもの

のように、すごく範囲が狭いものと、幅広くカバーするものがあるのです!

同じ「三大疾病の保障」といっても、入った時期によって大きく違っている場合が多いです!😱😱😱

当然、新しい保険の方が範囲が広い傾向にありますが、保険の内容を変えるとなると、保険料が高くなることもあります。
それで、まずは今、入っている保険が本当に自分に合っているのか確認することをお勧めします

その上で、三大疾病のオプションを続けるのか、新しく入るのか決めるといいですね。
古いからと言って、早急にやめてしまうのも危険ですから、信頼できる担当に相談してくださいね。
もちろん私も相談を受け付けています!
相談だけでも全然構いませんのでお気軽にお声掛けください。

今日は三大疾病のオプションについて考えました。

誰も、そのような状況になりたいとは思いませんが、実際に起きていることは事実。

きちんと考えて、必要だと思ったら備えておきましょう!

もちろん、食事やお酒、運動、ストレスなど、自分で出来る自己管理も欠かさないで!

アフラックの保険で“これから”に安心を。
“うちの生命保険、このままで大丈夫?”と感じているあなたに、軽やかにご説明いたします。

ZOOMでの保険相談
[ 火・木・金 19時以降 ]

お申し込みは LINE、お電話、または下のカレンダーで↓↓↓

ご希望日をお選びください。⬇️⬇️⬇️⬇️

登録
close





プロフィール
close








予約履歴
close

ID 予約日時 カレンダー 状態


予約の詳細
close


予約の詳細

保険相談(30分まで無料)※30分以上ご希望の場合は、備考欄にお書き下さい。を選んでください
保険相談(30分まで無料)※30分以上ご希望の場合は、備考欄にお書き下さい。の詳細

下記のアドレスに認証コードを送信しました。 認証コードを入力してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)