女性におすすめの保険②

女性には女性特有のリスクがあります

  • 乳がん
  • 子宮がん
  • 子宮内膜症
  • 卵巣のう腫
  • 異常分娩による帝王切開
  • 子宮外妊娠
  • 子宮筋腫
  • チョコレートのう胞

これらの病気はすべて女性特有の病気です。男性にはありません。
女性には子どもを授かるという繊細さがあるので、こういう病気になるリスクがあるのです。

ある調査によると、子宮筋腫や子宮内膜症が疑われた、または子宮筋腫や子宮内膜症の経験があると答えた割合は、20代で11.1%、30代で20.6%、40代では26.3%のように、年齢が高いほど経験している割合は高くなります。
20代と30代女性の約8割が、「乳がん」「子宮がん」「子宮筋腫・子宮内膜症」に不安を感じているという調査もあります。

そういうリスクに備えるのが女性専用の医療保険

女性専用の医療保険って、どんな仕組み?

たいていの医療保険は、入院すると1日5千円~1万円の給付を受けられます。入院の費用にあてるための保険で、これが基本の保障になります。
女性専用の医療保険は、この基本保障に加え、女性特有の病気で入院すると1日「5千円」などの上乗せ給付があります。

さらに、子宮や卵巣を全摘する手術、乳房を切除する手術を受けたときに、上乗せの手術給付金を受け取れたり、乳房を再建する手術のときにまとまったお金を受け取れたりするものもあります。

簡単に言うと、医療保険の保障範囲のうち、「女性特有の病気」に対して、「入院給付金」、「手術給付金」を手厚くしたものになります。

女性専用のオプションはいくらぐらい?

保険料は加入する年齢によって異なりますが、30歳女性の場合、200~500円くらいの保険料で女性専用のオプションを付けられます。
これくらいの保険料で、手厚い保障が得られるのであれば、検討する意味はあると思います。

とはいえ、実際に話を聞いてみた方がいいですよね。ぜひ一度ご相談ください!


保険のご相談は

アフラックの保険で“これから”に安心を。 “うちの生命保険、このままで大丈夫?”と感じているあなたに、軽やかにご説明いたします。

ZOOMでの保険相談
[ 火・木・金 19時以降 ]

お申し込みは LINEかお電話、またはカレンダーで↓↓↓

電話:090-8408-6767
(9:00 ~ 19:00 受付)

保険のむねとも
代表:宗友 久紀


 

兄のプロフィール

 




お身体のご相談は

「腸活」のススメ。
東洋医学に基づく 体と心のメンテナンス。
鍼治療に加え、中国推拿(すいな)により全身の経絡を調整します。

ご予約、個別相談は LINEか、お電話で↓↓↓

電話:090-2801-5917
(9:00 ~ 19:00 受付)

ムネトモ鍼灸院
院長:宗友 章二

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)