食物繊維でデトックス!

野菜

どうにかしたい添加物・・・何もできないと、あきらめないで!

お付き合いで外食しなきゃ・・・。子どもが食べたがるし・・・。親しい友だちから いただいちゃったから・・・。

添加物がカラダにあんまり良くないと分かっていても、それを全否定(排除)する毎日は難しいし、自分には合わないかなと思います・・・。
じゃあ、もうあきらめるしかないのかというと、そうでもありませんよ!
取り込んでしまっても、出してしまえばいいっ」てことを学んだからです!あー良かった。

その最優秀選手の1人が「食物繊維」さんです!

一応、食物繊維について

食物繊維は「ヒトの消化酵素で分解されない食物中の総体」と定義されています。分解されないわけですから、カラダをそのままいわば通過するということですね。エネルギー源とはならないため、長い間食物繊維に栄養的な価値がないと考えられてきました。
ところが、食物繊維には大きな役割があることがわかってきました。

食物繊維の持つ、あなどれない役割

食物繊維には様々な働きがありますが、今回注目したいのはデトックス面での食物繊維の働きです。大腸に到達した食物繊維は、腸内の環境を整え、腸内に残る有害物質を吸着しながらスムーズな排便を促してくれるのです!つまり、デトックスしてくれる優れものということですね!

床掃除するには、乾いたぞうきん?それとも湿ったぞうきん?

イメージしてみてください。きれいに掃除する場合、乾いたぞうきんで拭きますか?きっと、湿らせたぞうきんで拭くのではないでしょうか?同じように、汚れた腸をきちんときれいにして、有害物質を取り除いてもらうには「雑巾」と「水」の役割をするものが必要になります。

不溶性食物繊維  食物繊維キノコ

不溶性食物繊維とは文字のごとく、水に溶けない食物繊維です。玄米、豆類、芋類、キノコ類などに多く含まれます。これらの食物繊維の役割は、便の量を増やし、雑巾のような役割を果たします。

水溶性食物繊維    

水を吸っていない乾いた雑巾をゴシゴシしても、床は傷ついてしまい、汚れを取ることはできないのと同じように、「保水」の役割をする食物繊維が必要になります。それが「水溶性食物繊維」。水溶性食物繊維は、海藻、キノコ類、芋類(とろろ芋や里芋)などネバネバの食品に多く含まれます。あと、りんごにも、ペクチンという水溶性食物繊維が豊富に含まれていますよ!つまり、食物繊維は「不溶性」と「水溶性」をバランス良く取り入れることが必要なんです!

食物繊維を効果的に取り入れ、腸を整えるのに役立つ健康食品もありますよ!

最後までお読みくださりありがとうございました!

お気軽にお問い合わせください。【鍼灸院】/【ほけん】090-8408-6767電話受付時間 9:00-19:00 [ 日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせはこちら お気軽にお問合せください。



無料ZOOMオンライン保険相談 実施中! [火/木/金、19:00 ~随時]
お仕事上がりなどに、お気軽にご相談いただけます。
◆ご予約はメールかお電話で。
兄のプロフィール


【 ほけんのむねとも 】
お申込みのお電話はこちら
090-8408-6767

申込み受付 9:00 - 19:00

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です