女性におすすめの保険①

悩んでいる女性

それは、がん保険です

ずばり、答えを言ってしまいましたが、まずは「がん保険」です
どうしてがん保険をまず考えて欲しいのか?

理由は3つあります。

がんのリスクは女性の方が早く高まります

女性の方ががんのリスクは早く訪れる

一般的にがんは年齢を重ねるにしたがってリスクが高まります。
ところが、女性のがんリスクは20代後半から徐々に高まっていきます。

つまり、がんのリスクの高まりが、男性よりも早いのです。

意外と思われるかもしれませんが、50代に入るまでは男性よりも女性の方が罹患率は高いのです。
女性には子どもを授かるという繊細さがあるゆえに、男性にはないがんのリスクが存在するのです。

女性特有のがんは治療が長引く場合があります

すでにご存じかもしれませんが、最近のがんの治療は手術して終わりという簡単なものではありません

たとえば乳がん。すぐに手術をするのではなく、詳しく検査をして、がんのタイプを判別。
その後、化学療法でがんを小さくし、手術で切除。さらに術後も化学療法・ホルモン療法などを続けるということもあります。

もちろん、国の社会保障制度のおかげで、月の医療費負担には上限がありますが、その負担も数か月、数年続くと非常に厳しくなります
もしかしたら、お子さんがいるかもしれません。
お子さんの世話をしながら、長引く治療に打ち込むのはなかなか大変。

体力が落ちているのに、家事などやることの量は変わらないとしたら・・・。
そんなときに、まとまったお金が入ったり、治療ごとに給付金をもらったりできたら、助けになりますよね。
家事の代行サービスを頼んだり、収入減に対応したりできます。

そういうわけで、人生のピンチに、経済的に大きな助けになるがん保険は、考える価値ありです。

女性のがんには特別なケアが必要になる場合があります

「QOL(Quality of Life)」=「生活の質」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。
患者さんの治療を、その人らしく過ごすことができるように、なるべく痛みやつらさを和らげながら行おう、というときに使われる言葉です。

女性ならではのケアが必要・・・


この観点から、女性のがんには特別なケアが必要になる場合があります。たとえば、乳がんで乳房を切除しなければいけないという場合です。
乳房の再建を選ぶ方も増えていますが、やはりこの点でも先立つものが必要になります。
がん保険には、乳房の再建費用をカバーするオプションもあるので、付けておくと安心です。

以上、女性におすすめな保険について考えました。
今ご加入の保険で、カバーできていますか?どんなオプションがあるといいですか?

どうぞご相談ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です