子どもの虫歯予防が大切なワケと簡単な方法

歯磨き指導-フォトAC

皆さん、歯医者に行かれていますか?

私は定期的に歯医者で検診とクリーニングをしてもらっています。
できるだけ歯の治療は避けたいのですが、どうしても何年かに一度は治療が必要になります。
そのワケは、子供のころに永久歯にできた虫歯
虫歯を直すと必ず詰め物をしますよね。残念ながらこの詰め物、一生持つものではありません。多くの場合、再治療が必要になります。そして治療を繰り返していくと、歯がだんだんと削られてゆき、歯の神経を取ることになったり、最後には歯を抜かなければならなくなることもあるかもしれません。
そうなれば、その部分には入れ歯やインプラントが必要になってしまうかもしれないのです。
つまり、子供の時にどれだけ虫歯を防げるかが、大きくなった時の歯の状態に影響するということです。

たとえば歯を失ったときの治療はいくらするんでしょうか?保険が適用されるものや、見た目をあまり気にしないものなど千差万別ですが、よく聞くインプラント治療だと40万から50万かかってしまいます。

そう考えると、子どもが年を重ねるたびに余計な出費が出ないように親が虫歯予防に取り組むのは大切ですよね。

こどもの虫歯を防ぐ安い方法 シーラントを詰める方法

最近のお子さん、虫歯ありませんよね。
私が子供どものころは結構虫歯の子がいたように思います。

私は定期的に歯医者で検診とクリーニングをしているのですが、最近はこどもの虫歯を防ぐいい方法があるようです。皆さんすでにご存じかもしれませんが、とてもいい方法なのでこのブログでも紹介させてください。

その予防方法というのは、シーラントを詰める方法です。
奥歯の溝の部分を、レジンを始めとしたプラスチック樹脂で埋めることで、奥歯の溝に汚れが着くのを防ぐのです。

奥歯は歯ブラシが届きにくく、虫歯になりやすい場所。
埋めてしまうことでそもそも汚れがたまりにくくなり、虫歯になってしまうのを防ぐそうですよ。

さらに、シーラントにはフッ素が含まれており、歯の表面を強化する効果もあるそうです。
生えたばかりの歯は表面が未成熟。唾液中のカルシウムなどを吸収して強くなっていくので、その過程で虫歯にならないようにシーラントを施すそうです。

この治療にはいくらかかるの?

シーラントは保険適用です。普通は3割負担で治療できます。自治体によってはお子さんの医療費受給制度があるので実質無料、あるいは1割で治療を受けられる場合があります!
つまり、保険がきくのでとてもリーズナブルってことです!
少しの費用で虫歯を防げるのですから、やっておいて損はありませんね。

話をまとめると・・・

もちろん、シーラントをすれば虫歯にならないというわけではありません。
やはり虫歯を防ぐには、定期的に歯医者さんで検診を受けることが欠かせません。
でも、シーラントを埋めることで、歯に対する意識を高め、そして定期的に歯医者に行き、結果として虫歯を防ぐことで、将来かかるかもしれない大きな負担を減らせるのです!

ぜひ、かかりつけの歯医者さんに相談してみてくださいね!
歯にも気を配って、余計な出費を抑え、健康的で豊かな生活を目指しましょう!

 

【ほけんのむねとも】

【ムネトモ鍼灸院】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です